本文へ移動

会社沿革

会社沿革

1933年10月
現社長の祖父、西川政吉が東京都江東区において西川製作所を創設。
1961年4月
資本金100万円で、現社名(東京王冠株式会社)設立、西川製作所の事業を継承する。
1968年4月
資本金1,000万円に増資。
1970年7月
本社工場(東京都江東区毛利)手狭のため、牛久工場を開設。
主力生産工場とし、輪転印刷機及びスポット塗装機を設置。
1979年1月
高速スポット塗装機増設。
1979年12月
高速スポット塗装機増設。
1981年7月
資本金3,600万円に増資。
1983年3月
牛久工場手狭となり、第二工場増築。キャップ・王冠工場と印刷工場を分離する。
1983年4月
高速輪転印刷機(ウエットコーター付)増設。
1983年6月
資本金4,800万円に増資。
1986年3月
自動ポリ栓製造機(ザマチック社製)を導入。王冠製造能力を飛躍的にアップする。
1989年11月
高速スポット塗装機増設。
1997年12月
牛久工場手狭となり、第三工場増築。45インチ高速輪転印刷機(ウエットコーター付)増設。
1998年4月
資本金9,600万円に増資。
2003年3月
生産性及び塗装スポット精度向上のため、高速性・高品質の塗装機(PRIMEX-C452)と入替。
2004年4月
生産性向上のため、第三工場内の1色印刷(45インチ シングルウエット)を2色化(45インチ タンデムウエット PRIMEX-P452)に増設。
2005年4月
生産性及び塗装スポット精度向上のため、高速性・高品質の塗装機(PRIMEX-C452)と入替。
2009年4月
工場敷地内に、材料(ブリキ)倉庫を増築。
2011年2月
品質向上のため、王冠製造ラインに自動画像検査システムを導入
2012年12月
生産性向上のため、既設塗装ラインの45インチオーブンを更新
2015年8月
工場敷地内に出荷製品倉庫を増築
2017年3月
生産性向上のため、第一工場を一部増築し、既設の1色印刷ライン(40インチシングル)を撤去
2色印刷機+塗装機(45インチタンデムウェット PRIMEX-P453+PRIMEX-C452)及び45インチオーブンにラインを更新
2018年12月
生産性向上と合理化のため、刷版工程にCTP(PlateRite Ultima 16000N-E)を導入
TOPへ戻る